こころの理念と、教室長の思い

佐賀で諦めない心と強い精神力も教育している個別指導塾

 

「でも、だって、どうせ・・・」という言葉は使わない。

 

しかし、残念ながら熱意だけではいつまでも続かない。

 

なぜそうなってしまうのでしょうか。

 

 

 

例えば、小さな出来事かもしれませんが周りはできているのに自分だけできていない。

 

そんな「とり残された感」を抱えたままでは、学力はおろか同時期に育まれるはずの

 

「あきらめない気持ち」

 

が非常に細いまま育ってしまいます。

 

 

やがてそれは、

 

勉学の重さを支えきれなくなってしまいます。

 

大学受験までの限りある時間の中で培われていく学力と心の在り方。

 

どうか、私たちの前では間違いや失敗を数多くしてください。

 

本番で間違わないために。

 

また、必要以上に良い子でなくていいです。

 

良い子でい続けるのは疲れますから・・・。

 

ただ素直に私たちに耳を傾けてください。

 

 

 

私たちは、生徒さんが社会人となって、例えどんな未来が待っていようとも、立ち向かう強い心を作ります。

 

 

「そんな自分になる」ための心と力を養います。

 

 

一般社団法人 こころ

 

 

 

ー 教室長の思い ー

子ども達は一人一人の「ものさし」を持っています。

 

その「ものさし」を認めてあげて、なるべく親の「物差し」で計らずにいると、子ども達は「自己肯定感」を少しずつですが持てるようになるのです。

 

余ほどのことがない限り、親の方が先に逝くのです。

 

いつまでも親が子どもの目の前の石を拾うのではなく、常に振り返るとそこに居てくれる…

 

そういう状況に導くお手伝いを致します。

 

子ども達が臆する事なく「進む力」を身に付けるように…。

 

 

 

教育理念に関係する記事はこちらでまとめています。

教育方針について
「教育方針について」の記事一覧です。